スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏乙女×アムネジア 3巻


1年前表紙買いしました。

やっぱ夏はホラーだろ、ということで。

その最新巻です。

内容紹介を。





主人公新谷貞一はある日不思議な女性と出会う。

その女性は旧校舎の幽霊「夕子」だと名乗る。

夕子さんは自分がなぜ死んだのかわからない、

何者なのかも、なぜ現世に残ってるのかもわからないという。

そして2人(?)は怪異調査部を非公認で立ち上げ

夕子さんが何者なのかを調査する。

というわけで2人が色んな怪奇現象を調査していきます。

学園には七不思議もあるし、その他の色んなことがあります。

それを調査していっていると、夕子さんが見える少女が現れます。

名を庚霧江。

夕子さんはちなみに本名庚夕子。

霧江の祖母の姉の名前は夕子。

貞一には夕子さんは黒髪ロングの美人さんに見えますが、

霧江にはおぞましい化物のように見えます。

と、いわれた瞬間貞一にも今までと違った夕子が見えます。

結局色々あって貞一には夕子さんが前と同じように見えます。

そして貞一と霧江は以前貞一が発見した夕子の白骨遺体を見に行きます。

そこで噂されている七不思議の話とは齟齬が見えます。

そして今巻。

今までの七不思議が全部夕子さん関連でした。

そして4つ目の不思議で解決しました。

これでおしまい、夕子さんとはお別れ。

と思ったら霧江が最初から見ていた

影夕子と呼ばれる

恐い顔した夕子が登場。

これで未解決、まだ貞一と一緒にいられる、

そう考えた時の夕子の顔が

所謂恋する乙女というよりも

もっと恐ろしい顔でした。





スポンサーサイト

宙のまにまに 8巻


天文漫画!!

宙のまにまに最新巻です。

そらと読みます。

ちなみにまにまには随に。

通称まにまに

先日アニメ化され、遂にブルーレイ化も決定しました。

凄く夜空が見たくなる漫画です。

では内容の紹介を。





主人公の大八木朔。

ヒロイン明野美星。1個上。幼なじみ。

主人公を好きな蒔田姫。タメ。

美星のことをずっと世話してる矢来小夜。

朔のクラスメイトで超いい奴なお調子者江戸川。

2個上の路万、1個下のはるき君と笑ちゃん。

顧問の草間先生。

その他諸々。

初めは朔が入学して美星に強引につれられ天文部へ。

そこで路万部長、小夜と出会い、

姫ちゃんも朔をおって入部。

江戸川は写真部に入部したけど美星と小夜が美人だし

面白いので名誉部員みたいな感じで

天文部によく参加する。

そして1年の文化祭。

自作プラネタリウム。

朔は色々あってあんまり手伝えないけど

皆で作って一生懸命解説して。

色んな人に星空を見てもらいたくて頑張る。

そして路万部長卒業、新入生ではるき君と笑ちゃん入部。

そこら辺は割愛。

前巻では2年の文化祭。

また皆でクソ忙しいのに頑張り、

自作した双眼鏡や望遠鏡を使って学校全体で観望会を開いたり。

凄く楽しそう。

そして今巻。

とりあえず姫ちゃんが修学旅行で頑張る!!

相も変わらず姫ちゃんは可愛い。

グリーンフラッシュを見ます。

個人的には沖縄に行くので南十字を見るのかなーと思ってたけど

違ってた。まあ全部漫画で覚えた知識だけど。

そして後半は受験話。

ずっと一緒だった小夜ちゃんと美星も流石に志望校は違ってたり

美星もとある理由で高い志望校を目指したり

合間に流星群を見たり、

江戸川は妹に嫌われてるけど

実はお兄ちゃん真面目に星の撮影とかできるんだよーって話だったり。

とにかく仲良し集団が大好きな星関連で

凄く仲良くしてて( ・∀・)イイ!!







GIANT KILLING 16巻


'`ィ (゚д゚)/

現在一番気になっているサッカー漫画のGIANT KILLINGです。

アニメも2クール目突入ということで

ますます勢いづいているところではないかと。

ということで今巻の話。







前巻遂に監督である達海の選手時代の話が始まりました。

達海がなぜ若いウチに引退したのか、

なぜスカウトの笠野さんが現在退いているのか。

達海の引退は以前からなんとなく描写されているとおり

怪我での引退。

右足首と左膝。

両方というのはやっぱりキツいようで。

達海が怪我をしているが、

それでも達海を試合に少しだして客寄せパンダとして扱うフロント、

達海がでないと勝てないETUに文句タラタラな新参者のファン、

こうしてチームがバラバラになっていく。

達海の好きなETUがバラバラになっていく。

だからGWの笠野さんは達海に来たオファーを受けるよう促す。

達海にチームを出て行くよういう。

代わりに笠野さんがチームに残り絶対に立て直すと約束する。



しかし達海はプレミアへいったデビュー戦で体が壊れ、

ETUの方も2部降格し、笠野さんは責任をとり辞任。

そして現在。

達海が笠野さんに戻ってくるよう説得をする。

それが正直超感動するわけだ。

ホントにね。

そして前半戦終わってキャンプスタートです。

開幕前のキャンプも色々とやらかしたんですが

勿論こちらもやらかします。

地元のなかなか強い大学生チームとの練習試合。

というのはよくある話ですが、

試合は自分のポジション以外から選ぶ。

例えばFWならMFやDFさらにはGKも。

ホント漫画みたいなことするなーと思いました。

漫画ですけど。

でチーム内で一番冷静な2人のドリさんとスギだけは

なんとなく意図をつかみかけている感じ。

次はキャンプ後半と後半戦開始!!

わくわくしますね。





青空エール 5巻


4冊400円で売っていたことと表紙が凄く良かったので衝動買い。

をした青空エールの最新巻です。

今回は結構辛かった。

毎巻なんかグッとくるところはあるんだけど、

今回もそうなんだけど、

いつもよりも重いというかなんというか。

あ、これも数少ない自分が買ってる少女漫画です。

さて一体何種類目の少女漫画でしょうか。

今回の話。

というか内容紹介から。







主人公小野つばさは小さい頃白翔高校野球部が甲子園で負けていたとき

諦めずにスタンドで綺麗に飛んでいたトランペットの音に感動しました。

そのため吹奏楽部へと入りたかったんですが、色々あって

経験できず。で、白翔高校入学。

実際この白翔高校は吹奏楽の名門校なので初心者には非常に厳しいのですが、

つばさは入部しようと思います。

そこで出会うが山田大介。

ド真っ直ぐな野球部の少年。

大介とつばさはお互い励まし合い、

2人で甲子園へ。大介がバッターボックスに立ち、

つばさがスタンドで応援をする。

そういった目標を持ち合います。

ですがまあ初心者なんで、色々と躓くんですが、

そこは端折って今巻の話です。



これまでの目標は2人とも甲子園。

大介の方は野球部だしそりゃもうそこが目標でしょう。

関係ないけど、

ホント関係ないけど今週のマガジンで純さんがマジいいこといってましたね。

まあそれは置いといて。

でもつばさの方、吹奏楽部の方は普通普門館目指すよね。

そして今回、野球応援や定期講演会を経て、

つばさも遂に甲子園だけでなく普門館で吹くということを目標にします。

夢でなくて目標。

勿論初心者だし今1年にはほとんどトランペットいないけど

勿論名門校なら後輩も入ってくるだろうから

正直厳しい。周りからも色々いわれるでしょう。

パートリーダーの春日先輩はそういうとこを気遣ってくれる人です。

そしてこれまで一番親身になってつばさにTPを教えてくれた

3年の森先輩。現在腱鞘炎なのですが、今練習をやめたら

最初で最後の普門館チャンスを捨ててしまうことになります。

つばさには病院から出たとこを見られたのですが、

誰にもいうな。と。

自分が学生時代本気で部活をしていた頃、

試合直前に怪我したらどうしてたか。

そりゃ練習は軽くやって

ウチは人数少なかったからなんとしても試合に出なきゃならんかったので

テーピングでガチガチにして試合に出ましたね。

懐かしい。

大介もいいますが、もし森先輩が演奏中に手が痛くなったら。

途中交代はできない、周りに迷惑かけてしまう。

でもそんな本気でやってる先輩の腱鞘炎を他の人に話せるわけない。

結局春日先輩が気付くんですが、その時つばさに

知ってたなら早くいえ、そしたら早めに休ませて間に合わせれたのに。

と怒ります。つばさもそれでショックを受けるんですが、

無理だろう、と。そんな本気な人を止めるのは自分は無理だと思う。

今メンバー外されるなら森先輩はもうやめるといい

つばさは止めようとして。

(´ε`;)ウーン…難しい。

コンクールを外から見るのはもう嫌だ。

見たくない、海南の勝利も敗北も。といってた藤真を思い出す。

本気な人間はそう感じるだろう。

自分はそんな本気になったことがないから感じたことはない。

でも気持ちはわからんでもない。

でもやめたあとも学生生活は続き、今後吹部の人と気まずくなる

とか考えれない辺り凄い真っ直ぐ。

もう学生生活全てが普門館のためだったんだろうな。

あー難しい。早く次出て欲しい!!!!








B型H系 8巻


先日アニメ放送もされていたB型H系の新巻です。

アニメの出来映えが想像以上に良くて驚きました。

漫画は面白いけど

流石にアニメにしてもそこまで面白くないだろう、

とか思っていた頃が懐かしい。

山田の声が浅野真澄から田村ゆかりへと変更したことに

若干不安はあったんですが

今では田村ゆかり最高!!としかいえませんね。

ということでアニメ、オススメです。

今巻のお話。





凄い片瀬に出番があった!!!!

それだけで満足です。

三郷とかサブキャラに焦点が当てられた巻でした。

そして山田がデレを全く見せずツンしか見せなかったので

小須田が本気で困ってました。

まあそれが山田なわけですが。

徐々に最終回へと迎えっていってるんでしょう。

多分高校卒業で終わるんだろうなー。





カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。