PLUTO 8巻


9月です!

古本屋にて購入していたPLUTOを漸く読むことが出来ました!

内容は以前にも軽く書いたようにアトムの中の話です。

内容紹介。











結構ややこしいというかくるくるしてる話でした。

人工知能が自分のことを別の人間だと

思い込んでいる、というのを3回くらい繰り返してたり。

なんにせよ

とある犯人のお陰で世界最高峰のロボット7人(アトム含む、ウラン含まず)

が全員PLUTOに倒されました。

そして天馬博士、アトムの生みの親というかトビオの父ですね

は7人のロボットの内ゲジヒトの最期のメモリーチップを使い

アトムを復活させようとします。

もしも完璧なロボットが出来たらそのロボットはまず何をするか。

それは起動しない。

60億もの人間データ全てをシミュレーションしているため

処理速度が追いつかないそうな。

それを目覚めさせるためにはどうするか。

それは極端な感情を注入すること。

例えば憎悪とか。

そうして生まれたロボットがプルートゥを生み出すモノになったんだけど

今回天馬博士はそのゲジヒトの死の間際のチップを

入れることによってアトムにその憎悪という感情を

与えようとしたんだと思う。

そしてアトム復活。

いや正直天馬博士は天才すぎて凡人の自分には何考えてるかなんて

わからないけど、とにかくアトム復活!

憎悪パワーでプルートゥと戦いに!!

が、しかしゲジヒトの最期の最期の死の間際

憎しみからは何も生まれない、

そういう思いがあったお陰でアトムは正常に。

そして地下マグマにある爆弾みたいなロボットを止めに。

爆発したら火山というかマグマというか

とにかく噴出して人間が90%滅びます。

そう、人間が滅びます。

ロボットは生き残ります。

今回の真の黒幕はそういう奴。

ロボットだけの、人間のようなクズがいない世界を。

そういう奴。

まあとにかくアトムが止めにいきます。

しかしプルートゥが来て代わりに自らの命を犠牲にそれを止めた。

こうしてアトムは世界から憎しみが消えることを祈りおしまい。

一応真の黒幕は死んだと思われます。

最初から最後まで不気味で1番頭がいいのではないかと思われる

人間を初めて殺したロボット、ブラウ1589が脱獄して殺しました。

こうして書いてみるとやっぱ理解してない部分あるわー。

見直します。

明日から旅行いってきます!










スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク