スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another 1巻


表紙が少し気になり

ネットで軽くあらすじ見たら面白そうってか凄く趣味とあってて

買ってみた!

簡単にあらすじを紹介します。

26年前

夜見山北中学校3年3組に

ミサキという生徒がいた。

その生徒は1年の時から人気者で

成績優秀、スポーツ万能、性格までもよかった。

そして3年になったとき急に事故で死んでしまった。

皆がショックを受けている時、誰かが言った。

ミサキは死んでいない、そこにいるじゃないか。

ミサキの死を認めたくなかった皆は

ミサキをいるとして、机に話しかけたり

一緒に帰ったり、クラス全員がミサキをいるもとして生活した。

そして卒業式、クラス集合写真にはミサキがしっかりと写っていた。

26年後の現在1998年

主人公榊原恒一はその夜見山北中学校3年3組に転校してきた。

ここから1巻の内容の話。















簡単にキャラクターの紹介を。

主人公は榊原恒一、病気あけ、退院後転校。父は海外転勤母死去

現在祖母宅に住んでる。

クラスの代表風見くんとその幼なじみ勅使河原くん

クラスメイトの美術部望月くん

女代表の桜木さんと友達赤沢さん

副担任の三神先生と叔母さん。

そしてクラスメイトの女性見崎鳴

見崎鳴については正直わからないことが多いので置いときます。

とりあえずわかることは恒一以外には見えていない。

そして見えてない人と話している恒一をクラスメイトは不思議とは思っていない。

マズいとは思っているっぽいが。



まず榊原恒一

見崎曰く榊原という名前は死を連想される。

神戸で起こったあの事件のせいで

っていってるから普通に酒鬼薔薇聖斗のことでしょう。

こんな現実の話を引き出してくるのか、と少しゾッとしました。

ということで恒一にも何かありそうな気がしますが

3年3組の皆はこれから何が起こるのかを知っているのか

恒一が26年前の話をしたりするとよそよそしい。

「まだ」教えるタイミングじゃないと勅使河原は言っていたり

非常に不気味である。

ただ26年前の話はまだ序の口

最初の年の話だけしか知らないらしい。

それを知るタイミングを逃した恒一は次の知るタイミングまで待たなければならない。

と叔母に助言される。



また恒一の母親は丁度26年前3年3組の生徒だった。

色々と伏線はあった気がするけど

とりあえず気になるのは

母が3年3組だった

26年前の話の続き

恒一以外は皆何かを知ってピリピリしている

上には書いてないけど

見崎鳴の片眼が人形の目

それらを作っているッぽい人形屋

そして

恒一以外には見えない見崎鳴を

桜木さんが見え、

階段から転げ落ちその際に持っていた傘が落ちて

開き切っ先で喉をが貫かれた。



その辺りですね。

正直気になりすぎて続きを早く読みたいです。

オススメしますが完結後一気に読まないと

あー気になるーって状態が維持されるので

オススメし辛いです。

好きな人にはたまらんでしょう。

自分にはたまらんかった。









スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。