スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュガーダーク 埋められた闇と少女 1巻


迷わず表紙買い

涼宮ハルヒ

名前を知らない人はほとんどいないんではないかと思えるレベルの作品

そのハルヒ以来6年ぶりに

角川スニーカー文庫の小説新人賞であるスニーカー大賞受賞作品

の漫画バージョン!

小説は未読です

原作者新井円侍

漫画はGOTHやNHKにようこそで有名な大岩ケンヂ

それでは内容を紹介











上官殺しで捕まったムオル・リード(本人は冤罪を主張)

彼は囚人5722号として

共同霊園(マス・グレイブ)に連れてこられる

看守は超優秀な犬

そこではひたすら日中墓穴を掘る作業を行います

そして1日目夜

どこからか逃げられないか探索します

そこで1人の少女と出会います

深夜の墓地に美少女

ムオルはテンパりますが少女に名を訪ねます

少女はメリア

メリア・マス・グレイブ

と名乗ります

名前を名乗り合い別れて次の日

昨日掘った異常にデカい墓穴に

死体を埋めるために土をかけにいきます

するとそこには妙な仮面をした奴らが6人

そして異常にデカい墓穴の中には

この世の物とは思えないような化物が

夜またメリアと会い話をして次の日

少女とも少年ともとれるような子供がムオルの前にやってきます

その子は昨日の仮面の1人

偽名だろうけどカラスと名乗ります

カラスは話します

三千二十七万人

これは現在のこの国の人口

100年前は二百六十万

10倍以上も人口が増えた理由は?

勿論文明が発達したから

ではどうして急に文明が発達し始めたのか

答えは今まで妨げの障がいがあったから

それこそ昨日の化物

悪魔、ナイトホラー、異形の軍勢、死なずの怪物

呼び方は様々だけど人類最大の敵ザ・ダーク

三百年ほど前偶然そいつらに対抗出来る手段を手にした人類は今に至る



といった感じです

正直読んでる分には全然話進みませんでした!

だって普通1話か2話でそういうのがいて

主人公はそいつらを倒すんだよ

とかそいつらを倒す組織に主人公は入る

とかそんな感じでしょ!

最後に原作者の言葉にあったのですが

普通そういう掴みの部分を強引に持ってくるのが漫画だけど

この漫画は序盤の若干スローテンポな部分をしっかり描いてくれている

とありました

確かに漫画で言えば1話でババン!となるけど小説だと1冊でババン!となるので

これこそが原作通りと言えるんでしょうね。

さてまだまだわからないことばかりなもんで

非常に楽しみにしておきます。








スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。