スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pumpkin Scissors 14巻


13巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-49.html



明日から旅行行って参ります。

そんなわけで今日2度目の更新

何ともしんどい話です

読み応えありすぎて読むのに凄い時間かかりました

そして今回もこの合同会議編は終わりませんでした。

では内容を















今回の肝はやはりカウプラン

この世界でカウプランというと技術者の天敵とも言える人の名前です

技術者は様々なものを作ろうとします

しかしそうするといつもいつもカウプランという天才の作った技術に行き当たります

所謂特許制ということでそのカウプランのせいでそれ以上発展をさすことが出来ません

主人公であるランデル・オーランドなどもこのカウプランの技術で利用されています

コルトゥ博士という戦車の父と呼ばれる戦車作りの第一人者は

この合同会議でカウプランの話をします

カウプランの呼び名には3つ意味がある。

1つはカウプラン本人そのもの

2つはカウプラン研究所そのもの

3つはカウプラン研究所で働いている中でも優秀な人物達

まずカウプラン本人は生死は語られていません

そしてコルトゥ博士はカウプランをこう称します

我々と同じただの人間だ。そして我々と違い本当の天才だった

技術者達はあまりにもカウプランの技術に敵わないため

カウプランは人間ではない何か、そう心の奥底では思っている人も多いだろう

その甘えを断ち切る。同じ土俵に立つ人間であり純粋に負けている

そこを認めてから話を始める

カウプランは天才だ。彼は常人とは違う

常人はこれがあって、これがあってこうしてこれを作る

という説明をしてみたけど凄い分かり辛いねこれ。

例えば木と石の加工がやっとの技術水準の状態では銃なんて思いつかないだろう

技術開発とは手の届く範囲のモノを組み合わせて積み上げ足場を作り

迷走しながら一段ずつ登っていく

例えば銃を作るとき…

銃の構想、金属の精錬、火薬、金属の加工、木材の加工、そうやって下から登っていき銃を作る

しかしカウプランが銃を作るとき…

銃を作ろう→「でも銃の制作なんて出来ない」→だったら銃制作のための設備を作ろう

→「その設備すら作れない」→だったらその設備を作るための道具を作ろう→…

そうやって作っていく。こうやって銃という自分が知っている技術なら凄い天才だ、

くらいにしか思わないかもしれない

でもそれを全くの未知の状況から作り上げている

そして現在そのカウプランは全くの未知のモノの特許を沢山取っている

技術者達の技術が進化していくと漸くそのカウプランが特許を取っているモノの意味がわかる

だから技術者を苦しめているこのカウプランの技術

コルトゥ博士はそのカウプランからの恩恵を何も考えずに受けている現在のこの国を

カウプラン文明と呼んでいる。

そしてコルトゥはこのカウプラン技術の全撤廃を望んでいる、という主張を。

肝はこのカウプランの話をするコルトゥでしたが

セッティエームとかハーケンマイヤーやそしてアンチ・アレスなど色々動いてます

特にアンチ・アレスが遂にテロに乗り出しました

気になる点はランデルと戦車の戦い、セッティエームはまあマーチスが助けるでしょう

軍がどう介入してくるか、アベルの動向など

半年に一度しか発売しないのが辛いです







スポンサーサイト

魔法先生ネギま! 33巻


30巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-25.html

31巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-81.html

32巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-150.html



'`ィ (゚д゚)/人生の大一番も終わり漫画にふけってます

ゲームもしてます

キャサリンがクリア出来るか厳しくなってきました

でもプライドがEasyモードへの変更を許しません

毎回毎回ネギまに関してはマガジン友達に借りて読むとか言って読んでません。

次は5月ということで珍しく結構早いです

あ、しかも映画化らしいです。

今回最後の質問コーナーが色々面白かったです。

まゆたんこと新條まゆから質問が来てたりけいおんりっちゃん好きから質問来てたり

さて内容のお話















いい展開になってきました。

こういう王道展開は燃えます。

燃えるといえばハートキャッチの48話の燃えッぷりが尋常じゃないので

最近リピートしてます。オススメですよ。

まず前回登場で終わったザジ・レイニーデイ

彼女と戦いネギ達は完全なる世界(コズモ・エンテレケイア)へと送られる

そこでは様々な可能性の中から最も幸せであろう夢を見せられる

ネギの場合は20年前もしフェイト一味が全滅していたら。

その場合父も母もいて、麻帆良に来たあと襲われることもない。

そして家族とクラスメイトと幸せに過ごす

でもそれに気付き、クラスメイトであるザジの手助けで完全なる世界からの脱出

ザジが送ってザジに助けられると書くと意味不明ですが

送った方のザジは実はザジの姉ポヨ・レイニーデイ(仮名)

彼女は旧世界人でもなく魔法世界人でもなく魔族

だから自動的にザジも魔族でしょう

ですが今回ザジ達は元の世界にいるので活躍は次の章

そんな感じの伏線が張られました

魔族の中でも結構偉い地位のポヨと戦うネギ

すると残りのメンバーも完全なる世界から脱出

龍宮VSポヨのバトル

たつみーはハーフらしいです

人間と魔族の半魔族

ポヨを龍宮に任せて奥へ進む。

そこではフェイトのミニステル・マギの3名

月詠

20年前からの生き残りデュナミスが待ち構えている

当然月詠は刹那が。月詠の持つ妖刀「ひな」は前作のラブひなで登場する刀

同じものかどうかはわからないけどこの刀のお陰でネギのように闇の力を手にし

強化された月詠と刹那が戦います

ミニステル・マギとはくーふぇを中心として運動部や図書館隊のその他メンバー

亜子のアーティファクトの効果魔力ドーピングによってパワーアップします

それでなんとか戦えるレベルになったのでゆーな、まき絵、アスナ(偽)とくーふぇでの戦い

そしてデュナミスには楓

くーふぇが加勢しそうですが。

正直楓が一番隠し玉がなさそうなんで不安です

格下相手には勝利し格上相手には凄く善戦する

そんなキャラでしたが今回の格上相手には善戦で終わって欲しくないですね

ここらで超本気な楓を見れることを期待してます

そんなわけでここは俺たちに任せて先に行け!

な展開でネギはフェイトの元へ向かいます







カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。