スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみこどもの雨と雪





今日観てきました。

正確には昨日。

折角タイムリーだし久々にこういった感想も書いてみたくてね。

観てきた正直な感想を。

賛否両方書いてますんで特に否定的なことを読みたくない人は絶対読まないように。

勿論超絶ネタバレ

では内容
















細田守×貞本義行

第3作目。時をかける少女、サマーウォーズに続いてです。

個人的にこちら両作品は非常に好きなので楽しみにしてました。

で、観た感想としては一番に思ったのは設定が面白いのと時間が足りない。

ちょっと内容を交えつつ書きます。

恐らく主人公である花という少女。彼女は大学時代とある男性に出会い恋に落ちます。

彼の名前は不明。一応免許書の感じだと「伊藤健」?

名字2文字、名前1字は確定で多分最初の文字は伊

あとは健の右4分の1だけ見えたりしてたからそうじゃないかなあと。

といっても彼の正体は実はおおかみおとこ

だからこれが本名かどうかは分かりません。

そんなおおかみおとこに恋をした花。

打ち明けられたのは付き合ってからでしたが。

そして花と彼の間に子供が出来ました。

もしも子供がオオカミだったらマズいと言うことで自宅出産

産まれたのは女の子。雪が降っていたから名前を雪。

次の年雨の日に産まれた男の子。名前を雨。

この単純な名前もそもそも花の名前が産まれたとき花が咲いてたからっていう理由だから。

雪と雨が産まれ大学を休学して子育てをしていたある日

彼が突然いなくなり川に狼の死体が。

こうして彼は亡くなりました。

ここは結構キツかったです。

彼が亡くなるであろうことは予測できていたんですが狼で死んじゃうので

ゴミ収集車みたいなので恐らく保健所かどこかへ連れて行かれたのでしょう。

葬式も出来ないのは寂しいなあと思った。

そしてこの彼の死。なぜ彼は狼の姿になって川になんかいたのか。

子供が出来たから狩りをする本能が目覚めたのか?

全くの謎です。と作中で言われていたのですが後々結構感動的な理由が出てくる伏線かなーと思ってました。

全く触れられませんでした。

何だよ親父突然雨の日川行って死んだとか台風の日に産みに近づくおじいちゃんと同レベルじゃん…

ちょっと納得いかなかった。これなら交通事故の方がいいぜ。

そして花、雪、雨の3人になってもたくましく過ごしていきました。

でも雪雨はまだ子供。ちょっと興奮したりするとすぐに狼の姿になってしまいます。

そんなこんなで病院にもいけない、近所から犬の声がすると苦情を受ける。

その他諸々の苦があったので田舎に引っ越すことに。

かつて彼が住んでいた田舎に。

そこで彼の貯金を頼りに過ごすしかなかったのでとりあえず野菜作りから始めて少しでも節約を。

何度も何度も野菜作りに失敗。

すると近所といってもこの家に近所はなく大分離れてはいますが

韮崎という爺さんが突然手を貸してくれます。

ほんと突然ツンデレ爺さん

それから近所の人達からもらい物をもらったり出来た野菜をぶつぶつ交換したりと

田舎特有の近所付き合いがありました。

元々人から離れて過ごすために引っ越したのに前よりも人と触れあってました。

さてこの韮崎の爺さん。

こんなよくするのは子供に昔の彼の面影をみた。彼の知り合いだった。

とか妄想してたけど全くそんなことなかったぜ。

まあ最初から彼は花に打ち明けたのが初めてって言ってたから

彼のことを詳しく知っている知り合いがいるのもおかしな話ですが。

ということでこの爺さんマジでただの優しいツンデレ爺さんでした。

この頃子供達はだいぶ性格ができあがってきました。

雪は活発でなっちゃダメといわれてるのにすぐ狼になり駆け回る。

一方雨はおとなしい子で絵本を読むと狼が悪者だから悲しんでいます。

その2人が小学生になり雪は持ち前の活発さで周りと仲良く

雨はそのおとなしさからずっと1人。

多分雪が小4、雨が小3の時雨は学校に行かなくなり雪のところに転校生が来ました。

草平くん。

彼は雪をみて獣臭いから犬飼ってる?と言います。

この辺になってくると流石の雪も狼になっちゃいけないことを理解しており彼を避ける。

でも草平くんはどんどん追いかけてくる。

そしてもみ合いになったときちょっとだけ狼化する。

それからもう絶対に狼にならないと決める雪。

一方で雨は学校にも行かず山に行き老狐と対話して狩りやその他山での生活を学んでいました。

勿論狼としての。

ちなみに花もいつまで経っても無職というわけにも行かず自然保護する人の補助みたいなバイトを始めます。

始めた理由はそこに狼の生き残りが1匹いたから。

この老狼。凄い何かありそうで何もなかったです。

花が小声で雨も狼だけどどう過ごせばいいかと質問しても答えず

雨が1人で狼の姿で行っても特に何もせず。

何のために出てきたの?って言うくらい何もしなかった。

作中では寂しそうな老狼と言われていますが彼と対比して寂しそうなやつと言いたかっただけ?

正直こいつの存在が一番謎でした。

と言うことでここでこうした構図が出来たわけです。

雪は子供の頃は狼になって辺りを駆け回り狩りもした。

雨は子供の頃狼にならずおとなしい花の後ろをついて本を読んだりしていた。

現在小学6年、5年

雪は狼にならず人として生活したいと思い学校に行っている。

雨は狼なのだから山での生活の基礎を学んでいる。

逆になったわけですね。

個人的にここがこの作品で一番面白かったです。

例えば花が人間じゃなくおおかみおんなだったら

彼女が人間として生活してるんだから人間のことを教えるかもしれない。

でも彼女はただの人間。狼の気持ちはわからない。

もしも子供が姉弟ではなく1人だけだったら。

どちらを選んでもいいと自由だったかもしれない。

でも実際は人間の母親に人間として生活したい娘と狼として生活したい息子

勿論花は雨を止めるわけではないです。

ここに引っ越してくる前まだ2人が3歳くらいの時に言いました。

人間として生きるか、狼として生きるかを決めなくてはならない。

結局は決めるのは本人に任せている。束縛は決してしない。

また、難しいのが年齢です。

10歳程度の子供達。

勿論自分達からみても子供です。

でも狼の10歳は。

狼の年齢なんて知らないけど犬の10歳って言うとかなり高齢です。

だから狼としては大人なんです。

残念ながら考えれば考えるほど設定の話になっちゃって

そう考えると狼として生活して80まで生きたらマジヤバだけど

人間として生活して狼と一緒くらいだったら短命すぎるし

親父は大人まで生きてたしでもあの人寿命で死んでないからよくわかんねーみたいな。

大型台風が直撃したとき。

花は学校から電話が来て雪を迎えに来るよう言われ了承。

雨と共に車で迎えに行こうと思ったら雨は山の方へ。

この嵐で老狐も山も危ないから行く。

花は雨を追いかけます。

だから雪の元に迎えは来ない。

草平の元にも迎えは来ない。

草平は雪に怪我させられた当時息子溺愛めんどくさい系母がいたのに

その母が再婚して新しい息子が出来るといらん子になるらしい。

その設定は無茶じゃない?

あれだけのめんどくさい系のままがいくらいらん子でも世間体くらい気にして迎えに来そうだが。

というよくわからん設定だけ投げられて草平サイドは掘り下げ一切なし。

但し草平はイケメンでした。

雪と草平2人だけになった学校。

草平はそうやって自分はいらない子になった。だから家を出てボクサーにでもなりたい。

そう告白してくれました。

だから雪もそれに返します。

自らの正体を草平に。

でも草平はそれを知っていた、と。

でもそれは誰にも言わなかった。

ここに美男美女カップル成立ですよ。

一方で嵐の山に入るという無茶をする花

土砂崩れやなんやらで気絶するんですが雨が助けてくれる。

その時雨はもう完全に狼の姿に。

会話することもなく目で会話をする2人。

もう行くよ、と。

雨は狼として生きていく

雪は人として生きていく

そして雨は山を駆け上り陽に照らされながら遠吠えを。

このシーンは綺麗すぎてグッと来ました。

こうして雨は狼として山へ。

雪は中学校に入り全寮制のため出て行くことに。

今でも花は雨の遠吠えを聴いたりしながら過ごしています。




終わり?

とまあそんな気持ちでした。

正直サマーウォーズの栄おばあちゃんがみんなに協力の電話をしたとこくらいのテンション。

いやあそこまで上がってはないけど。

要するにまだ中盤でしょ?って思ったら終わってた。

個人的にはこのあとはみたかった。

狼として山に行った雨と人として人里に下りた雪

そんな2人が協力して花を助けると行ったシーン。

そういうのをみたかったです。

ということで期待しすぎたというか勝手に深く読み過ぎて

伏線じゃないとこを伏線だと思いすぎたというかなんというか。

全体的に凄い薄味でした。

今までの2作品とは少し違ったような。

だから残念ながら自分は大絶賛出来ません。

面白かったけど足りなかった

というのが正直な感想。

なんか惜しいなーって感じ。

親子の絆を描くのは難しいと思う。

親子を描くために親の時間を費やしてそれから親子の時間に移るから。

この映画は2クールある中の1クール終わったようなそんな感覚。

それでも途中で書いたように人間の母親に2人のおおかみこどもって言う設定は絶妙だった。


まあだがなんといっても夜中の学校であんな可愛い雪ちゃんに

「早く大人になりたい」

って言われたらどきどきせざるを得ないですねえ!!!!






スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。