THE IDOLM@STER 1巻







今年度最後の更新はこの漫画で!

アイマスの単行本!

というかアニマスのコミカライズというちょっとややこしい作品

なんとエグいことに特典が12個あります。

12人のアイドルそれぞれの特典イラストです。

真くんはAmazonだったのでラッキーとか思いながらAmazonで買いました。

ちなみに特装版とはCD付

CDは色んなアニソンをキャラたちがカバーしてます。

色んなってゆるゆりとかんなぎだけど。

1、ゆりゆららららゆるゆり大事件
天海春香 高槻やよい 星井美希 如月千早
セリフのところもしっかり変わってて良かった。
やよい「千早せんぱ~い」千早「高槻さん!」でわろた。
2、マイペースでいきましょう
双海亜美・真美 水瀬伊織 秋月律子 我那覇響
みんな元気に歌ってた。
3、motto☆派手にね!
三浦あずさ 四条貴音
ここからかんなぎ
この2人のデュエットはいいね。心地いい
4、純愛・ジェネレーション
菊地真
かんなぎカラオケ回挿入歌。先輩が歌ってたぶっとんだ曲
真くんの「ぴゅあぴゅありん しゅがしゅがはーと」クソ吹いた
5、イチバンボシ
荻原雪歩
かんなぎつぐみカラオケ曲。
こういう可愛い曲は雪歩の声が合うね。

以上の5曲。良かったです。

では漫画の内容

















アニメ版アイマス通称アニマス13話

神曲自分REST@RTとかを歌ったライブで765プロのみんながだいぶ売れてきて、

その後のお話です。

各キャラ2話で描いてるみたいなのでこの巻は表紙の3人

と言うことは自動的に4巻で終わることになるな。あるとしても5巻に小鳥さんと社長やPや木星の話入れて5巻か。

天海春香編

春香が売れてきて顔バレとかしてみんなで眼鏡と帽子を買いに行く。

これで例のOPの春香誕生です。

まあ変装しても地元の人にはバレバレで。でもやっぱり応援されてるのは有難い。

それともう1話は生っすかサンデーの企画がきた話

自分がセンターでいいのか自分が生放送の司会なんかでいいのか。

そういうのに不安になるお話。

星井美希編

美希があのライブ以来ますます輝いていく。

律子は竜宮小町3人をプロデュースしてるのに対してPは他9人やってるから負担を減らすために

美希は律子が持つか?という話題に。

でも赤羽根Pは美希と約束をしたからそんなことにはならない。

それによってやる気を出しまくった美希とそれに感化されて響と貴音も素晴らしいパフォーマンスを。

彼女ら3人でヴァンパイアガールをするお話

我那覇響編

いつも元気な響。

だからこそ敢えて可憐な恋する少女役のCMをやってみないか?

そういう話が来てるけどあまりに自分とキャラが違いすぎて受けるか悩む。

けどみんなの話を聞いてやってみることにした。


番外編

765プロ事務所の日常


いやあ絵のクオリティも高く面白かった。

そして上には敢えて書かなかったけど

みんな赤羽根Pとの軽い恋。いや恋は春香と美希くらいだろうけど。

そういったPとの関係の話も少し描かれてた。

真くんが早く読みたいぜ!







スポンサーサイト

苺ましまろ 7巻


苺ましまろの時間じゃああああああああああああああああああああ




4年ぶりかと思えばさらに1ヶ月延期して4年と1ヶ月ぶりの新巻です!

俺達の青春!

かわいいは正義

ちぃちゃんマジ天使っす

ということでヤンキークズの16歳JK伊藤伸恵と

その妹小6の伊藤千佳、お隣の幼馴染松岡美羽、1つ下の桜木茉莉、茉莉ちゃんのクラスメイトアナ・コッポラ

この5人でゆるくだらだらやってます。

そういう系。

美羽がトラブルメーカーでちぃちゃんがツッコミの名手

茉莉ちゃんはいらなゲフンゲフン天然おっとりでアナちゃんはツッコミしつつ毒を吐きつつ全く英語喋れない

のぶ姉はクズだから16歳JKなのにタバコで酒で学校サボりまくり。

そのためアニメなら20歳の短大生になってる。

まあちぃちゃんのツッコミが冴え渡る。

それにしても面白い。

6巻くらいからぎゃーって顔が激しくなって来ましたが笑いもパワーアップですよ。

シュールなふふっって笑いが多かったイメージなのに今巻は1回大爆笑しちゃいましたよ。

美羽が厚着してたとこが。

というわけでお勧めですよ。この漫画

まだ7巻だし

なんてったって1巻は2003年に出てますからね。

軽く100円で集めれるよ。

さて次の巻は一体いつ発売になるのやら。

また4年後か?それとももっと遠いか?

その時もまた記事更新できるようにこのブログも頑張って続けて行きたいです。






ちはやふる 20巻


19巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-589.html






日本がクソみたいな試合してたから落ち込んで一日更新できなかった。(嘘

とりあえずこれで今読んだ本は多分更新できたはず

漫画も片付けたけどまた新しいのでたから買ったしまだ買ってないのもある。

土曜いいくつもり。

では内容



















太一はいつもの自分の配置とガラリと変えてきた。

いわばいつも一緒にやってる千早に対しての奇襲。

勿論慣れない配置なら自分もやり辛い。

だが太一はそれを上回る記憶力、前までの試合の記憶を消すためにより強いイメージで払拭する。

恐らくかるた上で千早が初めて太一を見た瞬間だった。

千早の好きなタイプはかるたの強い人だなんて巻末四コマでギャグで言ってました。

これは別に太一が千早を好きだとかそういった恋愛の話ではないけど。

ずっと太一が見たかったもの。

それがかるた上で自分を見ている真剣な千早

太一がずっと見てきたのは千早と新の真剣な戦い。

ずっと千早は新を追いかけていた。

そこに太一は割って入った。

それを見て新はなぜ自分が千早と戦ってないのか悔しがる。

それがずっと太一が見てきた光景。

二人の戦いは接戦。勿論見てた人からしてみれば二人とも高校生で決勝まで来て、

しかも決勝でここまでいい試合をしてよく頑張った凄いと言える。

でも結果としてこの大会のタイトルを持つというのは今後の自信にもつながる。

結果よりも努力が大事というがやはり大事なのは「結果」

結果は千早の優勝

この大会を見て宮内先生はどうにかしたいと。修学旅行も大事だけどクイーン戦も大事。

でも千早は修学旅行に行きたがる。

彼女は高校の先生になりたい。そんな人が修学旅行に行ったことないんじゃダメだ…

結局千早は修学旅行に行くことに。

クイーン戦は来年もいけるけど修学旅行は今年しかないから。

でも修学旅行へ行ったら太一がいない。

病欠。

東日本予選に出てる。

そして周防名人は若宮詩暢を誘って西日本予選を見に行く。

そこで新を見て「君は名人になる。でも次じゃない。」

千早も新も太一が真剣に名人を目指してると驚く。

でもどうも太一は違うっぽい。

そして千早は修学旅行に行って楽しむと言いながらも結局ずっと太一のことを気にしてる。

でもどう思っても流石にもう千早出場は無理でしょう。

早く次巻出てほしい!






ちはやふる 19巻


18巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-498.html





ずっと更新してなかったから更新

明日には次の最新巻を更新できるでしょう。

アニメも最高に面白いですねえ。

ちはやふる

すばらです。

毎週感動してます。

1期の後半くらいから。

どうも噂によると2クールなんで凄い楽しみ。

勿論団体戦もだし個人戦も最高に楽しみ。

もしかしたら次の巻くらいまで行くんじゃないでしょうかね。

うおー期待してるよちはやふる

何より春アニメは期待してるものが多いしね

では内容



















ベスト8が出揃う

うち白波会が4人

太一と須藤さん

広史さんと新

原田先生と村尾さん

千早と元クイーン猪熊遥

どこもかしこも白波会が劣勢

千早は猪熊六段の独特のかるたに苦戦

さらに感じもいい。

ベテランの感じというか。読手で聞き分けてる。西の人、東の人、高い、低い、女性的、男性的、強い、弱い、丸い、鋭い。

札際に強い猪熊六段。だが千早も鋭い。若宮詩暢に負けまいと点で狙う。

広史さんは以前新に負けた。

さらに新はあの頃よりも伸びている。

でも広史さんは高校の部活指導を行うようになって基礎を見直し粘り強くもなった。

原田先生も劣勢ながらも村尾さんを苦しめた。

結果敗北するも村尾さんは疲れ次の試合に残る。

そして広史さんが新に勝利。

千早も猪熊六段に勝利

太一と須藤さん。

太一は白波会の攻めがるたに加え守りのかるたも試していた。

富士崎のエロムのような。早く出て短い決まり字でも囲い手をする。

さらにいつものあの記憶力でお手つきもかなり少ない。

須藤さんとの運命戦。

勿論太一の方は読まれない。あの団体戦の時にそう願ったんだから。

もう太一は運命戦は相手が読まれると思って戦ってる。

こうして太一は勝利し村尾さんと。

千早は広史さんとだが広史さんは棄権

太一の凄いところは感じという才能の部分が特にないことだと思う。

千早も名人もクイーンも感じが凄く新は感じも3人ほどではないが凄く札まで速い

太一はそれらを持っていない。だから一字決まりなんかは捨ててる。

前に富士崎の先生が言っていたが才能に戦う覚悟ができている。

そんなこと高校生は出来ないぜ普通。

太一は村尾さんにも勝利しいよいよ決勝戦

千早VS太一







BE BLUES!~青になれ~ 9巻


8巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-544.html





サッカーといえばこの間のカナダ戦はあれでしたね。

高徳くらいかな良かったと感じたのは。

空気のやつが多かった気がする。

目立ってたのはハーフナーさんかな。彼のことは師匠と呼んでもいいくらいでしたね。

あんなにヘボいとは思わなかった。

では内容




















アツすぎ!

龍は父に正直に日本に残りたいと告白し無事残ることに。

予想通り青梅兄妹の家に居候

優希とは一つ屋根の下ラブコメです

さて中学部活引退後は宮崎の兄が入ってる大学のフットサルサークルに参加させてもらうことに。

そこでアンナの爺さんからサッカーの本質を教えてもらう

サッカーの本質は止める、蹴る、そして動く

わざわざ難しくする必要はない

パスは強く速く

パス相手の近くにDFがいる→相手の足元へパスする→DFに囲まれる

だから龍はスルーパスなどで空いてるスペースへ出し相手がフリーでもらえるようにしていた。

だが強く速くパスを出せれば。それを相手がきちんとトラップすることが出来れば。

パスを出される瞬間はフリー。パスを受けたら相手が詰めてくるのは当然

だから相手が詰めてこれないくらいの早いパスを出す。

するとわざわざ動かなくてもフリーでパスを受けられる。

これを学び龍は高校へ

龍、優人、優希は3人同じ高校へ

埼玉屈指のサッカー強豪校へ

そこにはナベケンも進学。今度は同じチームです。

チームにはAからDまで分けられていてこの学校はセレクションじゃない一般の人間でもAに上がることが可能。

龍は一般なのでそういったことを考慮してこの学校に。

まず新入生全員がAに混じって紅白戦を。

そうつまり試されている。

龍はこのチーム唯一の代表、U-17橘怜音さんとナベケンと同じチーム

橘怜音。ポジションは右SBの2年生。優人とポジションが同じことから優人はどうなることやら。

ここで龍は強く速いパスを周りに出す。そして要求する。

しかし周りからしたら取りづらいパスを出す奴ってだけ。

そのため龍へのパスも少なくなってきた中、橘怜音だけは龍の意図に気づく。

2人のコンビネーションで得点。

それにしても龍のシュートが旨すぎる。

さてこうして一気に活躍した龍は恐らくナベケンと2人でAに選ばれるだろう。

さらにそこに現れるは桜庭巧美

小学生時代龍とやりあったFWで確か浦和ユースに行ってたはず。

それがこの学校に進学しているにも関わらずサッカー部の方に顔を出していないということは。

①ユースだから部活入ってない

②ユースでなんかあってもうサッカーはやらない

普通に考えて後者だよね最強チームが出来ちゃうよこれ。






カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク