スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録 14巻


13巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-741.html





忙しいのでとりあえず更新

禁書漫画は懐かしい話だからアニメを思いだしなが読める。

では内容












大覇星祭終了

これよく出来てる話だわ。

最後の花火で失敗するなんて爽快です。

と、アニメで見てたのに今更思いました。

そしてオリアナ・トムソン強いわ。

躊躇さえなければ上条ステイル土御門を相手に圧勝でき、

魔術も豊富な種類を使え徒手空拳も強い。

アクセラはともかく美琴よりは確実に強いでしょうね。

エロさも。

まあ何より驚いたのはオリアナが19歳ってことかな。

いや神裂が18、ステイルが14の時点でお察しなんですが。

大覇星祭の次ってなんだっけ、ヴェントが出てくるんだっけ。

まあまた懐かしみながら読みましょう





スポンサーサイト

ワールドエンブリオ 13巻

12巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-842.html




贔屓目ありで言います。

佐藤聡美さんの新曲Le jourがとても良いです。

ルジュールと読みます。フランス語です。

ボンジュールジュールと覚えましょう。



1stシングルや1stアルバムはロックなしゅがを見せてくれましたが今回はまた違ったテイスト。

いい曲だけどいっつも同じような曲しか歌わないよねって言われるより遥かにいいかなと。

色んなタイプの曲を歌うことが自身の向上になると思いますし。

そして何よりMVが良かった。最近はPVじゃなくMVと言うのかね。

とても良かった。だから是非皆さん初回版を買いましょう。

ちなみにアニメ盤にはアニメEDのしゅがver.が入ってます。

アニメ盤も買いましょう。ついでに通常盤も買いましょう。

贔屓目入ってますがとても良かったです。

では内容












柩姫3人とリクタカオ、そして刃旗を持つ全ての人とワスレナグサの争い

ワスレナグサの中核には冬吾の兄貴がいた。

兄貴が悪いわけではなく既に自我もなく完全に取り込まれた兄貴

その兄貴とは冬吾が決別を付けました。

そうして汚染された刃旗核をすべて手に入れタカオは自らに取り込んだ。

そしてリクがタカオを殺せば解決する。

しかしリクの核であるジュリが躊躇った。

だがそれでもタカオ、レナ、そしてジュリの身を挺した行動でワスレナグサを撃破。

最後の仕事ワスレナグサの回収

ワスレナグサが柩姫によってエンブリオに吸い込まれていく。

そしてレナとジュリのカケラが世界中に飛んで行く。

世界中に拡散させたカケラは人々の刃旗核となりあの日記憶として収容された人々が元に戻る。

すべてのカケラを使ったレナは柩姫としての力を失いロストリバウンドに。

そしてこれは苦くて優しいウソの本当の終わり

天音姉のウソを新しいウソで塗り替える

ただ一人のために世界の法則をねじ曲げる。


数年経過。

核と一緒に散り散りになったレナの記憶を戻すにはもう一度棺守になってもらい

そこから引き剥がさないといけない。

そんな世界中に迷惑がかかることをするためリクは天海陸を捨てた。

彼は全世界から記憶を消しスラガとして現れた。

スラガは場所と時間を予告して襲いに来る。

その棺守化を治すために今フラッグは戦っている。

リクは一人で背負いそのことを知っているのはネーネとエンデだけ。

だが生きて服役していたタカオは一緒にエンブリオにいたから覚えていた。

そのタカオ、そしてエンデこと小夜子を通して佐和子率いるフラッグも巻き込んでこのウソを止めようとしてくれる。

そして彼女は目覚めた。

いつも悲しそうに無理して笑っていた彼女の心からの笑顔で。


この人の泣き顔と笑顔は涙を誘うから大好きだ。

2005年から約9年お疲れ様でした。




ワールドエンブリオ 12巻

11巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-635.html




遂に完結です。

全13巻お疲れ様でした。

本当ならガッツリ書きたいですが時間的にちょっとサクッと。

13巻はそれなりに感想書きたいです。

というかこの作品基本説明が難しすぎるので毎度読みなおしてから新巻読むんですが。

超簡易的感想を言うととても良い物語でしてた。

では内容












ラスボスはワスレナグサ

破棄された人々すべての死の記憶

ワスレナグサはすべての人間を飲み込んでいく。

だがそれにも対応済み。

エンデを通して人々の携帯から結界を出す。

天音姉と冬吾の兄風間先生はひと早くロストリバウンドの存在に気付いた。

その研究をしていたのだが柩姫でもある天音姉をトリガーにまた悲劇が起ころうとしていた。

そして卵に、リクにすべてを託して天音姉は死んだ。

リクはネーネを救いにいき遂にネーネ、レナ、エンデの3人の柩姫が揃った。

さらに小夜子、ジュリの伏線回収してタカオ復活

彼も戦地へと向かう

いざ最終決戦





ちはやふる 26巻


25巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-815.html



ちはやふるは面白え。

そしていよいよ今期から四月は君の嘘のアニメが始まりました。

毎週リアタイで見てます。

まだ2話ですが。

これから楽しみな話がどんどん来るし原作と同時完結だから大好きなシーンも全部やってくれるし。

本気で楽しみ。

では内容












太一vs新

あの名人にも注目されている二人の戦いとなりました。

結果新大会準優勝、太一4位入賞

優勝は新のところの村尾さん。が、これは決勝前に新が消耗しすぎたから…

青春すべて賭けてきた新と力の差を感じた。

それでも「悔しい」と感じる。それは立派なことだと広史さんは褒めてくれるけど。

さてそれでも今回の話は別の所。

ちはやふる

少女漫画なのに少年漫画のようなスポ根漫画だと散々言われてきて26巻

遂に少女漫画し始めました。

菫がバレンタインに無理だと分かっているけど太一に言った。

好きです。だから先輩も好きな人に好きって言ってください。

そこに新戦以来元気のない太一に4月2日誕生日パーティを開く千早。

パーティというか太一杯という身内のかるた大会

そして太一は告白した。彼女に。

消え入るような声で言われるごめんの言葉。

千早の中で新の存在が大きすぎる。そして太一のことをそう考えたことがなかったから混乱している。

新3年になって最初のテスト机くんは理系総合1位になりました。

今までずっと2位。それは太一がいたから。

太一はあの鬼ママがいるからかるたをするには成績も1位を取り続けないといけない。

その太一が1位陥落し、しかもかるた部を辞めた。

親にどうこう言われたからではない。

千早に告白して以来かるたが真っ黒に見えるのだ。

男連中には相談して退部。女性陣にはいきなりだ。

遂に恋が動き出したのだが。。。

気にはなるけどかるたしてる方がアツいんだよ!

でも高校生だし恋愛もしないとね。

厳しく言うなら青春全部賭けれるほど太一は人間辞めてなかった。

まあはっきり言って男2人は意識してるのに千早はかるたがしたいでは不平等だし

ここらで彼女にも悩んでもらわないとね。




リアルアカウント 2巻


1巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-784.html




マチアソビ最高!

アイマスもFateも楽しかったしやっぱりガルニデは燃えた

Aimerは歌うますぎるしELISAは可愛いし綾野ましろは二回聴けました。

一番のお目当てでもあるFateのトークショーはやっぱり諏訪部最高!

今回はあいにくの天気ということで3日目中止で2日目に濃縮しましたがそれで正解でしたね。

次は5月だし絶対また楽しみたい。

では内容












今回は軽めに。

黒歴史裁判という自分の黒歴史ツイートを発見されるってやつでまた死にました。

そしてアタルの秘密がバレる。

彼は双子だった。

明るく活発な兄アタル

少し引っ込みがちな弟ユウマ

そして今の妹ユリちゃん

アタルはユウマにとって足りないのは自信だと思いこっそり二人で入れ替わったりした。

アタルのフリをすることでユウマは活発になれる。

そういった入れ替わりを繰り返したいたある日事故で車に轢かれそうになるユウマをアタルがかばった。

そしてユウマは死んだ。

だがそのユウマこそがアタルであり今生きているアタルはユウマだった。

その告白をユリやこよりちゃんに聞かれたが今更そんなことで態度を変えることもなく。

そしてゲームを勝ち抜いた時あるランキングが発表された。

現実世界で誰が勝ち残るかの「賭け」

その第4位にユウマがいた。

アタル(本当はユウマ)ではなくユウマという名前の本当はアタルが生きていた。

果たしてこれが本物なのか。

ユーザ名はユウマでしたが。

これにて第一部終了。

次第二部はユウマが主人公




カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。