境界線上のホライゾン Ⅵ 中


境界線上のホライゾン Ⅵ 上



今年初更新です。

やっぱりホライゾンで始めます。

というほど深いことは考えてなくてただ暇だったので次が読みたいから更新しただけです。

では今年もよろしく







上巻のおさらい
ノリキが嫁をゲットするために修行の旅にでた。

福島がスランプに陥って清正のお陰で復活した。
よく敵の描写をしっかり描いて
こいつらにもこうこうこういう理由があって戦ってて絶対に負けられなくてどうこうどうこうみたいな話があるけど
あれ、あんまり好きじゃない。
こちとら主人公目線で見ているんだから魅力ある敵キャラはいても主人公vs敵の場合はしっかり主人公を応援したい。
だから正直この十本槍の話は結構好きじゃないです。
悪く言えばどうでもいい。こっちは武蔵を見たいんだ、ということです。

さて小田原征伐の話です。
武蔵と北条と毛利の会議
主には武蔵と北条です。その北条に毛利を添えるくらい。
北条は総長兼生徒会長の氏直が、一方で武蔵側は小田原征伐の話がしたいので歴史オタクが。
割りとマジでシェイクスピアと戦った以来のネシンバラの出番じゃないかな。

とりあえずお互い消耗はしたくないので相対戦をすることには合意。
問題は何度相対戦をするか。
武蔵としては歴史再現しつつなるべく少数で終わらしたい。
北条としては今後滅び行く未来しかないので温存してもしょうがなくなるべく戦って色々と勝ち取りたい。
北条氏直は意外と頑固で面倒くさかった。
ゴリ推してきてネシンバラは劣勢。
一瞬正純が割って入って止めようとした。
ここで正純は「今までのは書記の戯れ言だ。今から本番始めよう。」
と強引には出来る。正純のほうが副会長と立場は上になるからだ。
しかしそれをやってしまったら今後二度とネシンバラは使えない。
それはあまりにリスキー。

そしてネシンバラはいつもみんながするようにトーリに不可能を預けシェイクスピアと
一通のメールをやりとりし再開する。

正純は交渉に関しては天才だ。
今まで普通にやってきていたが実はめちゃめちゃ凄い。戦争ばっか始めるけど凄い。
それをネシンバラは実感した。
彼は正純と違い政治家ではない。作家だ。
作家は文を綴るものだ。
彼は交渉を原稿用紙越しに見て進める。
こうして無事ネシンバラは交渉を進めた。
結果として多国交えて戦争の一気消化

小田原征伐
「北条・武蔵・最上」vs「大谷・伊達・最上・上杉・毛利」
備中高松城の戦い
「毛利」vs「羽柴(武蔵)」
蟹江城の戦い
「滝川・真田」vs武蔵
慶長出羽合戦
「上杉」vs「武蔵・伊達・最上」

なんだか凄いごちゃごちゃしてますが要は乱戦。
最上は完全に武蔵を手伝ってくれてあとは向かう方向は一緒だけど
それぞれ自国の利益を上げるために戦うッて感じ。
それぞれ代表は
北条「氏直・氏照・幻庵・小太郎・嘉明」
武蔵「三名」
最上「義光・義康」
羽柴「可児」
上杉「本庄繁長・他一名」
滝川「滝川・他真田三名」
伊達「成実」
毛利「世鬼・人狼女王」
それでスタート。内容としては本当に乱戦。
出会って即殺し合い。みたいな感じで。
細かなルールは多少あるけどやりあって元気なら一時間後にまた戦闘参加できるくらいかな重要そうなのは。

早速バーサーカー北条氏照に襲われる武蔵代表後輩の大久保
武蔵は今後のことを考えて主力温存です。
まあノリキは出るからあと一人は誰だろなってくらい。
大久保が逃げまわり氏照と相対するは本庄
結果本庄繁長が勝利。
そして人狼女王と相対するは…まさかのハッサン・フルブシ
これには人狼女王も予想外。

ということでまさかの武蔵二人目エントリーはカレーのハッサン!
これは楽しみだ。これ書いたからやっと下巻が読めるぜ!!!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク