スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑星のさみだれ 小冊子


9巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-28.html

10巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-156.html

アワーズ

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-93.html



毎日更新終わっちゃいました。

正直更新しようと思ったらいくらでも出来たんですが

惑星のさみだれを暫く一番上に置いておきたかったので更新し辛くてしませんでした

そして今回はまたそのさみだれ関係

だから更新する気になったというのもありますけど

これは以前にアワーズの全員応募サービスで完結したさみだれの冊子を貰えるというものがありまして

それが届いたというお話。

作家陣は作者水上悟志

石黒正数

内藤泰弘

押切蓮介

谷川史子

やまむらはじめ

きづきあきら+サトウナンキ

大石まさる

緒方てい

七竈アンノ

おがきちか

ゴツボ×リュウジ

ゴツボ☆マサル

竹山祐右

芋尾悟

片岡人生、近藤一馬

橋本エイジ

宮下裕樹

山東ユカ

鈴木小波

長谷川哲也

上山道郎

小玉有起

聖悠紀

さて皆さん何人知ってる人がいましたか?

このブログに載ってる名前の人もちらほらいます。

正直有名どころ結構集まってると思います。

そんな皆の一枚絵や3、4ページのお話もありますが

なんといっても今回の肝は作者本人の書き下ろし漫画。

ネタバレ含みます。10巻のネタバレも含みます。















最終決戦が終わり10年の月日が流れたのが最終話

その最終決戦のあと

最年少騎士茜太陽はどう過ごしていたのか。

それを書いていました。

10年後の太陽はというと、

大学生に1浪してなり、雪待と付き合っていて花子の所でバイトし

アロハを着て夕日みたいに眼鏡をかけてました。

あの根暗な太陽からは考えられませんね。雪待には惚れてましたが。

だってあのとき雪待凄いよかったものね。



太陽の家族構成は父、母、弟

但し実母とは死別、母は再婚相手で弟も向こう側の子供

そういった家族で、とても冷め切った家族関係でした。

そして最終決戦を終え、帰り道で三日月と別れて帰宅

太陽はぎこちないながらも家族と仲良くいくように努力を始める。

中学になり昴と雪待に勉強を教えて貰いながら

といっても雪待は勉強できない子なんで昴が教えてるだけみたいですが。

無事高校に入学し次は昴、雪待、太陽の3人が夕日に勉強を教えて貰ってます。

まあ頭悪いんで理解してるの昴だけみたいですが。

高校で眼鏡をかけるようになり、あまりにも夕日にそっくりで仲間たちに大爆笑される

そして第64.5話 太陽と世界

大学受験失敗

受かったら雪待に告白するつもりだったと三日月に相談してるとこを雪待に聞かれて

付き合うことに。

合格してないけど合格祝いということでプレゼントを貰った太陽

その中身はアロハシャツ

三日月と昴と雪待だけは最終決戦中になぜか太陽がアロハ…とかいってたの聞いてたから

その3人からのプレゼントですね

そして父と話し合う。春から浪人だけど一人暮らしする

太陽は

「幸いあんたがちゃんと父親やらなくても

いい大人に出会えたから これからは笑って暮らすよ

じゃあなクソ親父 ききき!!」

三日月のように、夕日のように笑って

未来を手に入れた。



この漫画には大人が出てきます。

子供も出てきます。

主人公である雨宮夕日は大学生

彼の中での大人代表は

東雲半月

あの人は、大人は楽しいぜって子供に羨ましがられるため

人生は希望に満ちてるって教えるために笑う。それがあの人の大人論

そして夕日には話してないけどヒロイン朝日奈さみだれの父

あの人は、こんな人になりたいって思わせるような子供達のヒーロー、それが大人

それがあの人の大人論

3人目秋谷稲近人呼んで師匠

うん、師匠の獣の従者であるカジキマグロのザンは師匠が死ぬ間際に

もうこのまま死のうと思っていたら

命を最後まで使い切ってこそ生き様!悔い無しと笑って死に様!それを教えるんです!!

そして師匠の前を走っていく。師匠より未来に



そうやって夕日にとっての大人である半月達

でも雪待や昴、太陽にとっては夕日や三日月も大人。

それを自覚すると夕日は大人として子供達に接する。

自分にとっての東雲半月のような存在になるために。



そしてこの小冊子での書き下ろしにて、いい大人に出会えた、

太陽はそういった。

感動です。何度読んでも感動します。

さみだれの素晴らしい所やら色々語りたいですが長くなるのでこの辺で。

次にさみだれを書くのはアニメBDにでもしたいものですね。








さみだれ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。