スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に


前回記事

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-86.html



さて今度はひぐらし

祭囃し編第6巻

もう残りもこの祭囃し編だけとなりました。

これも恐らくあと2冊程度で終わることでしょう。

正直次で終わらせることも出来る気もするんですがどうでしょうね。

内容を












ひぐらし屈指の名シーンです。

個人的に好きなシーンが3つ

1つ目は大石

梨花ちゃんの死体確認に来た本庁のお偉いさんを背負い投げしますからね。

まあ正直大石というよりは園崎の茜さんが大好きなだけなんですけどね。

2つ目はガチな名場面

詩音が命を賭して戦うところ

詩音がホントは魅音だから圭一に対して

「詩音」に伝えて

私たちまた生まれ変われるなら次の時も双子がいいね

と詩音が言うところが好き。あとはその前に

いい女は死なないから

って言う台詞も凄くツボ。

そんな詩音と葛西も2人だけでは大人数の山狗には勝てず人質に

梨花ちゃんと交換で助けてやる、と。

梨花ちゃんはそれに応じ自ら山狗の元へ

梨花ちゃんは仲間を信じているから、例え自分が捕まったとしても必ず助けてくれるから。

'`ィ (゚д゚)/3つ目です

勿論ここです。ひぐらしで一番の有名な名シーンでしょう。

泣きましたよ。

あのBGMの盛り上がりは反則過ぎる。

間に合った 数え切れない世界で後悔した

いつも気付く時には手遅れだった

私がずっとずっと一番伝えたかった言葉を言うよ

梨花ちゃん

君を

助けに来た

百年にも勝る誓い

ここはホント泣けます。

梨花ちゃんを助けに来てくれた人は赤坂衛

5年前、時系列だけを考えると5年前

梨花ちゃんは東京から来た赤坂に自分が殺されると告げる

暇潰し編のお話

予定調和で殺されるのだから池に石を投げ波紋を広げたい

そんな気持ちで赤坂にそんなことを言ってみる。

結局そんなことをしても赤坂は梨花ちゃんを助けには来てくれなかった。

でも今回は違う。

遂に来てくれた。



ええ正直言うと自分としてはここでひぐらしのピークを迎えて

あとは何が起こっても温かい目で見守ってただけでした。

ここで涙枯れましたよ。

ですがまだありますよ。

ホント次で終わりそうなんだけどどうなんだろうね。

それにしてもひぐらしもうみねこもコミカライズの人は絵が綺麗だと思う







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。