スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月は君の嘘 1巻


さよならフットボール

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-233.html







出ましたー!

期待の新巻四月は君の嘘

まあ期待のといっても月マガで全部読んでるんですけど。

音楽漫画です。

クラシック好き必読!

ピアノ好き必読!

バイオリン好き必読!

漫画好き必読って感じです!!

では内容
















有馬公生

彼は神童と呼ばれたピアニスト

しかし11歳の時のコンクール突如演奏を中断した。

彼はピアノが弾けなくなった。

曰く音が聴こえなくなった

自分が鍵盤を叩く音は聴こえる

でも自分の弾いている音は聴こえない。

昔から母親のスパルタ教育でそのプレッシャーに押しつぶされた結果です

そうして公生がピアノを弾けなくなったまま14歳

中学2年生

幼なじみの少女椿と友人サッカー部のチャラいイケメン渡

3人は仲良し

その椿の友人の女の子が渡を紹介して欲しいっていう理由で4人で遊びにいくことに。

宮園かをり

彼女はヴァイオリニスト

彼女のコンクールを観に行くことに。

11歳以来初めてのコンクール会場

仮にも元神童公生は有名人なので会場に入れば公生のことを知っている人も多数います。

今回の課題曲は

ベートーヴェンヴァイオリンソナタ第9番 「クロイツェル」





四月は君の嘘でyoutubeを検索するとこういうのが出てきます。

ちゃんと公式です。

これも面白い企画ですよね。

さて課題曲と名のつくこの曲

コンクールではどれほどに楽譜通りに弾けているかが問題

彼女は違う

テンポも強弱もデタラメピアノ伴奏も無視

作曲家も無視

この曲はベートーヴェンのものではなく

紛れもなくこの瞬間は彼女のもの

これがコンクールではなくリサイタルなら最高だった。

なんとか聴衆推薦として一次審査突破

次の日彼女は渡と一緒に帰ろうとするんですが渡は別の女の子と帰るので

それを誤魔化しつつ代理で公生が一緒に下校

カフェのピアノで子供達がきらきら星を弾いていたのですが

かをりの一言で公生が伴奏することに。





これが凄い綺麗!

これをあっさりと弾けたら格好いいんだろうなー

こうやって公生がピアノを弾けることを知っていた。

同年代で神童と呼ばれた公生を知らないわけがない。

ピアノをやめたことも知っていた。

やめた理由は知らないけど今聞いた。

だから彼女は公生に二次審査の伴奏を頼んだ

だからこそ。

公生は断るも椿と協力して猛アタックをするかをり

椿は公生をずっと弟のように世話してきた。

ずっと見てきた。

勿論あのコンクールも見た。

公生の時間はあのコンクールで止まっている。

別に公生がピアノをやめるのには文句言わない。

でもやめるなら納得してやめて欲しい。

だからもう一度。。。

昼休みの放送では課題曲を流したり

公生の行くとこ全てに課題曲の楽譜をおいたりと色々工夫。


そして暗闇の公生を救い出したのはかをり

かをりの心の支えになるのは公生、、、となればいいのですが。

兎に角コンクールに出ることを決意し急いで会場へ!


さて今巻は光のかをりと闇の公生

と書くと超厨二ですが明暗の対比が凄かった。

落ちに落ちて世界が白黒に見える公生と

いつでも上を向いて笑顔で明るく美しいかをり

その公生に

闇の中にいる公生に一歩進めば光があることを教えてくれた。

公生にも世界がカラフルに見えるようになった。


滅茶苦茶面白です。

早く続き読みたいです。

2巻というか月マガの続きを!

あ、二次審査の課題曲





さてさて遂に公生がコンクールという場で

自分は主役じゃないですけどピアノを演奏する日がやってくるわけです。

次巻期待





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。