スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月は君の嘘 7巻


6巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-619.html





四月は君の嘘を更新します!

この作品は素晴らしい

面白いねえ

音楽のところは勿論のことながら椿と公生の関係がとても好き

今の時代幼馴染はいつだって負け組

だからこそ幼馴染組の話は好きなのだ。

では内容

















公生は弾いた。

ピアノを弾いて母と決別します。

これに看過されてこそ音楽家

バイオリンで1位だった三池くん

彼こそが今日の主役

でも誰しもが公生の演奏の余韻に浸っていた。浸っていたい。

それでも三池くんの番はやってくる。

そして彼はいつもよりも柔らかい音楽を弾く

井川絵見

彼女はムラッ気がある。だが今最高にノッている

有馬公生を追いかけ続ける彼女は彼が上を行けば行くほど伸びる

その一方で武士

彼にとっては正確無比こそ有馬公生だった。

だから今の人間有馬公生を認められず崩れてしまっている。

そして宮園かをりは倒れて入院していた。

という重要話は置いといて。

今回話したいことは椿と公生の話です。

2人は幼馴染

小さい頃から2人は一緒に遊んでた。

でも公生はある日からピアノのレッスンがあるからあまり遊べなくなった。

時間も勿論だが突き指なんかも気にしないといけないから。

音楽が公生を奪っていった。

椿には今付き合ってる先輩がいる。

椿が彼のことが嫌いじゃない。

そう、嫌いじゃない。

じゃあ好きな人は。

公生は手のかかる弟。

じゃあ好きな人は。

友だちの柏木は言った。

あんたはひとりっ子。
弟なんていないの。

みんなはもう中3

渡はサッカーで推薦、椿は入試に頭を悩ませ。

そして公生は音楽科のある高校に行くことにした。

勿論まだ受かったらという話だけど。

音楽科のある高校なんて近所にない。

だから家を出る。

いつまでも一緒にいられると思っていた。

また音楽が公生を遠くへ連れて行く

大抵気付いた時には遅いのだ。



はぁこの作品の空気感は凄く好き。

公生が椿に月がまんまるだよって言ったときは月が綺麗ですねかと思ってどきどきしたわ!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。