スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pumpkin Scissors -パンプキン・シザーズ- 18巻


17巻

http://bookshelf0313.blog49.fc2.com/blog-entry-636.html





本当に出るのが楽しみだった単行本

そしてまだ終わらないアンチ・アレス編

前巻の表紙は隊長たち。そして今巻は副官たち。

そしてまたかなーり泣きました。

では内容












さてこのテロの落とし所

非常に僻地にある修理工場。ここは戦争中は修理工場として使われていました。

だが戦後、停戦後です。そこは修理ではなく建造工場と姿を変えていました。

マルケイユ伯爵はここが演習で使われていることから演習に毎度少しだけ余分に部品を持って行ったりして

長期でこっそりバレないように戦車を作っていました。

ではなぜ戦車を作ることが問題なのか。

それは条約違反

戦争が終わり条約を結ぶ。そこには戦車の保有数なんかも明記されています。

それを今帝国は破っている。

そんな僻地にある戦車なんて移動させてくるだけで不便なのだ。

それでも問題になるほど圧倒的な量を作ってしまった。

ではどうなるのか。

まずアンチ・アレスの言うとおりその土地を放棄したら当然そこは監査が入りバレる。

そうなれば帝国は終わりだ。

条約違反による違約金。この違約金が莫大だが帝国は払おうと思えば払える。

それは現在膨大な金額であるカウプランのパテントを売却すること。

当然底値で買い叩かれる。

その上で元帝国民として他国に蔑まれながら生きていく。

ではそれをどうにかするには。

まずケルビム中佐の案。それは条約を無視する。つまり戦争だ。

オレルドの案は0番地区は帝国の領土ではないので全部そこに隠す。

オレルドの方は量も多すぎるので現実的ではない、だが…といったところ。

さて話したいことがあったのにこっちで時間がかかってしまった。

現在街中を装甲車が8台走っている。

オレルドとマーチスたちは要救助者移送任務

オレルドは瓦礫に埋もれる女性を発見した。

と同時に装甲車も発見した。だからその女性をマーチスに任せて自分が囮になることにした。

その女性はオレルドに話しかけていた。

痛いでも助けてでもない。

近くに子供はいませんか。泣いていませんか。と。

一方でアリスは馬に乗り装甲車と戦っていた。

ハーケンマイヤーは人々を誘導しキャンプ地の人は無事逃げることができていた。

だが装甲車以外に散弾銃を持った敵。

ハーケンマイヤーが撃退するも一人逃し撃たれた。

助けた少女がハーケンマイヤーの元を訪れるもナースに拒否をする。傷口を見せないために。

少女とナースを助けるために道具はすべて使い切ってしまった。

ハーケンマイヤーは森の奥でひっそりと息を引き取りました。

現実的な話ハーケンマイヤーは少女を助けた時母親はもう無理だろうと思った。

マーチスは女性を助けた時もう娘は無理だろうなと思った。

都合よく英雄なんて現れない。でも普通の誰かが勇気を振り絞って助けてくれることを祈るしかない。

まあこの辺号泣よね。

そして最後にランデル・オーランド

カウプランに908の火炎放射器を借りて装甲車8台。1台ずつ潰していく。

完全に殺し屋の伍長。まずは早速1台撃破

というか火炎放射器使ったら皮膚やばいんじゃ。

次巻はいつなんだー





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カウンター
プロフィール

akatuki109

Author:akatuki109
漫画が好きです。
おねがい☆の聖地巡礼しました
長野1日目
長野2日目
長野番外編

最新記事
Amazon商品一覧
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。